安佐動物公園・福山市立動物園に伺っている、安佐PTAです。シマシマ系・ネコ科多めですけど最近はカワウソも始めました。

ぶっちゃけ、動物写真

またまた、ちょっとしたネタをおくります。
では、どうぞ・・・
題して、エアKO。

「一発芸を、しま〜す・・・」
ファイ・・・カ〜ン

「打たれるべし・・・」

「打たれるべし・・・」

「打たれるべし・・・」
打つべしの、逆バージョンでおくりました。
  1. 動物園訪問記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ちょっとした、ネタをおくります。
では、どうぞ・・・

「出目太君〜、ご飯食べた〜?」

「ア〜ン・・・」
以上です。
  1. 動物園訪問記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日、前回の記事でも書きましたミーアキャットの2頭の赤ちゃんのことですけど・・・
残念ながら、2頭とも亡くなりました。
それは、2頭の赤ちゃんを産んだお母さんがまだ若く育児に対する姿勢を見せなかったのが原因だそうです。
私もそうですけど、担当の方もショックでなかなかお話をすることが出来ませんでした。
1週間前は、2頭の赤ちゃんを見守ることでしか出来なかった私。

今は、「ありがとう」としか言えません。
  1. 福山市立動物園
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

今まで、アビクリンが出来上がった所をおくりましたけど・・・
この度、そのアビクリンの作り方をおくります。
では、どうぞ・・・
まず最初に、材料は・・・

アビ君だけです。
その、アビ君をプールに入れて・・・

ジックリと、出汁を抽出します。
そして、お次はその出汁を・・・

バシャバシャ・・・

バシャバシャ・・・

これでもか〜って、言わんばかりにかき混ぜてください。
その後に、もう1度・・・

バッシャーンって、出汁を一叩きしたら・・・

アビクリンの、完成です。
尚、受付はシマホ・念力のみの受付ですので・・・
おかけ間違えの無いよう、ご注意下さい。

  1. 福山市立動物園
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

王子動物園遠征の翌日は、安佐動物公園に行きました。
それは、5月17日に亡くなりましたチンパンジーのユウコさんの献花台に花束を置くことでした。
ただ、正門裏には記帳するノートはありましたがチンパンジー舎の所には記帳するノートはありませんでした。
悲しみと、喜びが交差する動物園。
私は、花を置いた後静かにユウコさんの生前の写真に手を合わせました。
生きることは、いつかは死もある。
それを、心の中で感じました。
そして、暫く園内を歩いていたら・・・
大鳥舎の所で、なんか賑やかな鳴き声が聞こえました。
よく見ると、そこには・・・

オシドリの、赤ちゃんが生まれているじゃありませんか。
数は・・・数えませんでしたが、お母さんオシドリの後を付いて行ったり何羽かおチビ同士でお散歩したりと大賑わいでした。
まぁ、数を数えようとしなかった理由・・・
それは・・・

完全に、まとまって団体行動をとらない子が何羽か居たためなのですwww
そんな、モヤモヤ感がある時に以前から気になっていたこの方までも雛が誕生していました。
この方とは・・・

シジュウカラガンの、赤ちゃんです。
しかも・・・

2羽、誕生していました。
親子で歩く姿は、もう可愛いの一言しか言えません。
他にも、クイナ科のバンの雛も生まれています。
でも、最も気にしていたサカツラガンの雛は確認できませんでした。
孵化したのか、心配です。
  1. 安佐動物公園
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

王子動物園にに、伺ったこの日・・・
ど〜しても、この方たちに会いたいと思いまして・・・
会って来ました。
それは・・・

母ナミコさんと、出目太君親子です。
その理由は、この出目太君がお母さんのナミコさんとお口をア〜ンしている写真を見た時に「この子は・・・出来る」と確信しまして・・・
今回、会いにカバ舎の所まで行きました。
まぁ、伺った時も出目太君はお母さんの側で寝ていましたけど・・・
寝方が、まるで某豪華客船が座礁して横に傾いているかのように右側半分だけ水面の中に浸かったまま寝ていましたw
実際見ても、「やっぱりw」っと思うほどのお笑い系なカバさんです。
まだ、出目太君ネタはありますのでまた後日おくります。

  1. 動物園訪問記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

王子動物園に伺った、この日・・・
ついに、再会を果たしました。
心の中の、ジュナさんの遺言を伝えるために・・・
私のことを、完全に忘れているだろうと少し不安はありましたけど・・・
ヤマちゃんは、私のことを覚えていました。
涙は流さなかったのですけど、声は震えていました。
大きくなった、ヤマちゃんを見て・・・

「母を、超えましたね。」って、ガラス越しで伝えました。
それを聞いたのか、ヤマちゃんは私の所でフルル・・って鳴いてガラス面にスリスリをしてくれました。
それはまさに、ジュナさんに似ていました。
13歳の、ヤマちゃん。
今度は、父バイコフさんを超えていつまでも元気にいてくださいね。

  1. 動物園訪問記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今日は、神戸市王子動物園に遠征しました。
昨日の記事でも、書きましたがヤマちゃんに会いに伺いました。
でも、撮影枚数が多いためまだ編集作業が出来ていません。
ヤマちゃんは、13歳になってから気持ちジュナさんに似て来てまるで当トラに再会したようにも感じて懐かしさと嬉しさで思わず声に出したほどです。
その、ヤマちゃんの写真はまた後日おくります。
また、父バイコフさんにヤマちゃんに会いましたという報告もまだなので・・・

この報告も、また後日にします。
  1. 安佐動物公園
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今年で、13歳の誕生日を迎えた「ヤマちゃん」。
今は、亡き母ジュナさんよりも歳をとりました。
私が、この安佐に伺うようになったのと同年代になり一段と女性らしさが出てきました。
今まで、ジュナさんから託された遺言。
いつか、必ず行こうとしてもなかなか伺う事が出来なかった数年間ですが・・・
やっと明日、伺うことにしました。
ジュナさんが、展示中止になる前ジュナさんが私の目をジ〜っと見つめ心の中で「ごめんね」の声が聞こえた時自然と涙が溢れました。
今も、覚えています。
その、ジュナさんの母としてのヤマちゃんの遺言。
明日、必ず言います。

ジュナさんの、心のこもった一言を・・・
(2007・9・14撮影:ジュナさん)
  1. 安佐動物公園
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今まで、生まれて暫くたってからのミーアキャットの赤ちゃんしか見ていませんでしたけど・・・
この日、なんとお目目がまだ開いていない小さい赤ちゃんがお外に出ていました。
では、そのお目目がまだ開いていない小さい赤ちゃんを・・・
どうぞ・・・

生まれてから、4日経っています。
しかも、左の小さい赤ちゃんはもう自力でウロウロしたりと元気ですが・・・
もう1頭は、元気もなく自力でも動かない状態でした。
もしかすると、このまま亡くなる可能性があると思います。
野生では、生まれてもその赤ちゃんの生存率はあまり高くありませんが動物園では外敵の侵入や他の縄張りからの抗争などで亡くなることが少ないのです。
なので、場合によったら元気のない子だけ人工哺育に切り替えるかもという獣医さんのコメントがありました。
私にとっても、2頭元気に育って欲しいという気持ちで一杯です。
また今度、伺った時に・・・

2頭元気になっていることを、祈るばかりです。
  1. 福山市立動物園
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

Tanisige

Author:Tanisige
安佐動物公園・福山市立動物園に出没している、安佐PTAです。
尚、写真・記事には著作権があります。
無断使用・無断転載はお断りします。
最近、スパムコメントが多いので・・・
ブログ記事以外の、コメントは禁止です。
なので、コメントは承認制にしました。


rio2017gennki

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2013 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -