ミュートな、鳴き声

土曜日の閉園時間頃の、事でした。
それは、ライオンのリク君の所に来た時のことでした。
それは・・・
_74P0001_20151025202634869.jpg
なんとも、小さな声で「ウヮ~ウ・・・ウヮ~ウ」っと鳴いていたのです。
まるで、「淋しいよ~・・・」って言ってるかのように。
いつも聞く、迫力のライオンの鳴き声よりも・・・
まさに、鳴き声のボリュームを下げた感じで鳴いた声を聞いた途端・・・
切ない気分で、いっぱいになりました。
リク君、お母さんは見えなくてもちゃんとそばに居ますよ。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment