「訃報」 ミウさん

安佐動物公園
01 /25 2016
既に、皆様もご存知だと思いますが・・・
今日、レッサーパンダのミウさんがお亡くなりになったのが安佐の公式ツイッターでお知らせがありました。
正直、物凄く悲しいです。
キク・マルの母であり、父トロリ君にとって良き妻でもありました。
原因は、「腸捻転」だそうです。
ミウさんが元気がない様子は、実は私達は知っていました。
ただ、私がレッサーパンダ舎に来た時にはうずくまったまま動かなかったのですが・・・
その時は、何度も背伸びをしたりガラス面の角で横になって寝返りを何度も繰り返したりとして・・・
気になって、撮影出来るような感じはありませんでした。
担当の飼育係さんも、獣医さんを無線で呼んで来てもらいましたけどその時はどう治療するかを話し合っていたみたいですが・・・
動かないミウさんを見て、ミウさんだけをバックヤードにシュートの所まで介助しながら連れて行きました。
シュート内は、ミウさんが自力でお部屋に入ったみたいですけど。
それ迄の時間、ミウさんを自力でお部屋に返そうと様子を見られていました。
「お腹が痛いのだろう」っと、飼育係さんは言いましたが・・・
まさか、「腸捻転」でお亡くなりになったとは・・・
未だに信じられません。
残された子供たちのことを思うと、胸が苦しくなりそうです。
24日、雪が降り続くレッサーパンダ舎の室内展示場でキクとマルはお父さんのトロリ君と一緒に出ていましたけど・・・
なんだか、キクは元気がありませんでした。
逆に、マルはテンションが高い気がしましたけど・・・
どちらも、まるで悲しみを忘れるかのような感じもしました。
その時私は、3頭の様子を見て「お母さんは、また戻って来るよ・・・」っと言ってしまいましたが・・・
もう、戻って来ないのが信じられません。
もう、家族4頭揃って・・・
_74P0429.jpg
大好きなリンゴを食べる姿が見れないのは、とても淋しいです。
そして・・・
6D2A2809.jpg
時より見せてた、マルとのお遊びも見れないのも。
今は、悲しみの中で私はブログ記事を書いてます。
ミウさん、これからは天国で子供たちや父・トロリ君を優しく見守っていて下さいね。
そして、キクとマルを産んでくれて本当にありがとう。
私達も、キク・マル・トロリ君を見守っていきます。

コメント

非公開コメント

Tanisige

安佐動物公園・福山市立動物園に出没している、安佐PTAです。
尚、写真・記事には著作権があります。
無断使用・無断転載はお断りします。
最近、スパムコメントが多いので・・・
ブログ記事以外の、コメントは禁止です。
なので、コメントは承認制にしました。


rio2017gennki